MENU

精子提供ボランティアとは

日本には精子バンクはありません。これは海外の先進国では珍しいことです。日本では精子や卵子は血液・骨髄・角膜などと同様に倫理的に問題がるため売買が禁止されているからです。そのため精子提供は無償のボランティアであることが望まれます。最近では男性不妊や選択的シングルマザーさん、LGBTカップルさんなど精子を必要とされている現状があります。精子提供ボランティアの青い鳥では無償で活動しています。

精子提供ボランティアへの想い

男性不妊ご夫婦、LGBTカップルさん、未婚・選択的シングルマザーさんへ何らかの理由で精子が必要とされている方へ精子提供をしています。精子提供ボランティアへの想い精子提供のボランティアをはじめるまで。

「出自を知る権利」を尊重しています。

精子提供に関する書籍を読むと、生まれた子どもが大人になり自分の遺伝的ルーツを知ることができずに苦しむ姿が書かれています。精子提供ボランティアの青い鳥では生まれる子どもの「出自(しゅつじ)を知る権利」を尊重しています。生まれる子どもの「出自を知る権利」を尊重しています。

おすすめ妊活情報とごあいさつブログ

精子提供に関する情報や妊活情報、毎月のごあいさつを掲載しています。おすすめ妊活情報とブログ

精子提供に関する検査結果とプロフィール

精子提供に関する各種検査を医療機関にて実施しています。精子提供場所や重要事項など。また青い鳥のプロフィールなどはこちらをご覧ください。各種検査結果・プロフィール

精子提供ボランティア青い鳥:お問い合わせ

初めてお会いするまでに時間をかけてメールのやり取りをしています。お気軽にご相談ください。「青い鳥」お問い合わせはこちら

このサイトは青い鳥の手作りです。
少しでも人柄が伝われば幸いです。