2019-6月ごあいさつ・「容器に出すのが難しいよ」

6月 ごあいさつ

こんにちは。青い鳥です。昨日、東京も梅雨入りしたようです。これから雨が続くかと思うと嫌なものです。雨が降っているとどうしても外出するのが面倒になりますが、精子提供活動も無理のない範囲で頑張れたらなと思っています。

容器に出すのが難しい

最近、精子提供活動で精子を容器に出すことが多くなりました。過去の病院での精液検査だと禁欲期間は十分でも1.5~3.5mlとばらつきがありました。1.5~2mlが多い。はじめは体調のせいかと気にしていなかったのですが、どうもよく考えてみるとこの容器に出すということが問題なのかと思っています。

容器

意外とこの容器に出すというのが難しく、こぼしてはいけないという緊張感、興奮性も少ない、手で圧迫するのでどうしても射精の流れを止めてしまう。出した後もまだ残っている感じもある。精液が手につくこともある。例えば3mlが1.5mlになると運動する精子は半分になる。運動率が半減することなります。このことはシリンジ法は妊娠しにくいということの要因のひとつではないかと考えています。この問題を克服できるのかはわかりません・・。努力します。(* _* )/