2019-5月「妊娠の難しさ」・準備中です。。

2019-5月おいしいパン

今年も早いもので5月になり1年間の3分の1が過ぎました。まだ肌寒い季節が続いています。暖かくなってもすぐに梅雨入りしてしまうし、5月は散歩などをしておきたいなと思っています。青い鳥は甘いものが大好きです。最近セブンイレブンでおいしいパンを見つけました。このパンをレンジで温めて食べるとあのシナモンロールで有名なシナボンにそっくりなんです。よかったら食べてみてください。

「妊娠の難しさ」

最近、他の精子提供者さんでは妊娠しないので乗り換えたいという問い合わせが年齢層問わず多くなりました。青い鳥自身も精子提供で妊娠することの難しさを感じています。普通の夫婦であれば妊娠するための最高の環境・条件が整います。排卵日付に1週間くらい隔日でタイミング法ができたり人工授精を組み合わせたり。排卵日以外にも体内に定期的に精液が入ることで女性の身体は精子を異物として排除するのではなく免疫が寛容になったり、精液が体内に入ると排卵を促す作用があったり妊娠するための女性ホルモンが分泌されたり。しかし、精子提供で妊娠するとなるとそうは上手くいきません。精子提供者と精子提供を受ける人で都合が合わず適切な提供日が前後したり。提供方法もシリンジ法、回数も1回または見送る周期もあったり、すると妊娠というのは難しいものになります。世の中は都合の悪い情報は表には出てこないものです。青い鳥ではこうした上手くいかない例などもお伝えするようにしています。(^-^)

連休ということもあり時間があるので精子提供を受けて子どもを産みたくなるようなコラムを書いています。この記事の下に5月の中頃にはアップロードするのでぜひ読んでみてください。ヽ(*^^*)ノ

コラムは準備中です・・。