精子提供に関する書籍を読むと、精子提供で生まれてきた子どもが大人になり自分の遺伝的なルーツを知ることができずに苦しんでいることが必ず書かれています。

 出自(しゅつじ)を知る権利とは「自分がどのようにして 生まれたのか」そして「自分の遺伝的ルーツは どこにあるのか」を知る権利のこと。

出典:非配偶者間人工授精で生まれた人の自助グループ

青い鳥では生まれてきた子どもが大人になり精子提供者に会いたいという場合を考慮して10~20年続くような信頼関係を前提に提供しています。青い鳥過去記事も参考にしてみてください。書籍「精子提供」を読んで。子どもへの告知

多くの方々にとりあえず提供するというよりは、少数の方々に時間をかけてお話を聞き、信頼関係を築いて提供するということをポリシーとしています。

また希望により精子提供同意書・個人情報保護同意書をご用意しています。