未婚のシングルマザーさんと聞くと何らかの理由で男性と結婚することができなくなってしまったというイメージがあります。「選択的シングルマザー」とは、あえて男性と結婚することを最初から選ばずに母親が妊娠、出産、子育てをひとりですることを選ぶ女性のことを言います。選択的シングルマザーと言う言葉には未婚のシングルマザーとは違う、自立した高尚な女性をイメージさせてくれます。

日本では女性の社会進出が進み、女性が社会で働くことが一般的になりました。しかし、仕事を一生懸命にしているとあっと言う間に子どもを産むことのできる限界の年齢になってしまうことがあるようです。女性の場合だと35歳を過ぎると年々、妊娠と出産が難しくなると言われています。

女性には男性と違い、直接子どもを産むために自分の子ども産んだという実感があります。しかし、この実感があるということは子どもを産んでいないという事実はとても辛く、苦しいことなのではないでしょうか。

精子提供の青い鳥では、そんな選択的シングルマザーさんになりたい方を応援しています。青い鳥は独身なので生まれた子どもの学校行事くらいは参加してほしいという要望にもお応えできます。そのほかなにかあった場合には気軽にご連絡ください。

青い鳥トップページはこちら

青い鳥の各種検査結果・プロフィールはこちら