我が子である「喜び」と「苦しみ」

男性は直接子どもを産むことができないので我が子であるという確信しかありません。

女性は直接子どもを産むことができるため間違いなく我が子であるという確証があり、尊い喜びを得られます。

しかし、自分の子どもを産んだという実感のある女性が子どもを産めないということは、とても辛く苦しいことなのではないでしょうか。

青い鳥では未婚のシングルマザーさんになって子どもを産みたいという女性を応援しています。子どもを産みたい、子どもを抱きたいと言う気持ちを叶えてみませんか。

生まれた子どもが小学生くらいになるとお父さんがいないことを悲しく思うことがあるかもしれません。

青い鳥は独身なので授業参観や運動会くらいは参加してほしいという要望にもお応えできます。他にも男性の力が必要な時には協力するので気軽にご相談下さい。