選択的シングルマザーになりたい方を応援しています。

間違いなく我が子である「喜び」と「苦しみ」

男性は直接子どもを産むことができないので自分の子どもであるという確信しかありません。女性は直接子どもを産むことができるため間違いなく自分の子どもであるという確証があります。しかし、間違いなく我が子である確証があり喜びを得られる反面、子どもを産むことができないのはとても辛く苦しいことなのではないでしょうか。

女性は元気な子どもを産むことのできる年齢が限られている

子どもは産みたいけれど相手が見つからない。しかし、女性は元気な子どもを産むことのできる年齢が限られています。また30代に入ると年々妊娠しにくくなります。子どもを産みたいのに産めないのは苦しみや焦り、不安が伴うことでしょう。

選択的シングルマザー

精子バンク・精子提供ボランティア「青い鳥」では、選択的シングルマザーになって子どもを産みたいという貴女を応援しています。
子どもを産みたい、子どもを抱きたいと言う気持ちを叶えてみませんか。

追記

精子提供で生まれた子どもが小学生くらいになるとお父さんがいないことを悲しく思うことがあるかもしれません。青い鳥は独身のため授業参観や運動会くらいは参加してほしいという要望にもお応えできます。他にもシングルマザーさんの不安や要望などがありましたらお気軽に話してください。

「青い鳥」ご挨拶・プロフィール・お問合せはこちら